スポンサーリンク

ループ調合について

全能の力などを始め複数の特性を組み合わせて作られるような合成特性を作る際に役立つのが、 ループ調合と呼ばれるものです。

ループ調合の例

・ゼッテル→ラーメル麦粉→中和剤・赤→ゼッテル
・ピュアウォーター→ピュアウォーター
・アプコール→ミネラルエキス→ピュアウォーター→アプコール

ループ調合ではこのように起点となるアイテムから、 材料が許す限り際限なく調合をループさせる事が出来るので、 合成特性なども作りやすくなってくるという訳です。

今回では例として「ピュアウォーター→ピュアウォーター」のループ調合を使って、 合成特性である「全能の力」を発現させた失敗作の灰を作っていく事にします。 (勿論ピュアウォーターのままでも可)

ちなみに・・・

全能の力は「全能力ブースト×全能力超強化」で発現
全能力ブーストは「攻防ブースト×防速ブースト」等で発現
全能力超強化は「全能力強化×全能力ブースト」で発現
全能力強化は「攻防強化×攻速強化」等で発現
材料選択画面から△ボタンを押して絞り込みを選び特性の検索を行う 素材キーファから特性全能力強化を選択
素材キーファから特性攻防ブーストを選択
素材(水)から特性攻防ブーストを選択
素材(鉱石)から特性全能力ブーストを選択 (ここでの例では1週で済みましたが、必要ならば2週以上ループして調合していきます。)

これら全能の力を発現させるのに必要な特性が付いている素材を選んだら、 達人か古代の錬金釜に入れて60秒放置させる事で、 特性「全能の力」が付いた失敗作の灰が出来上がります。

特性全能の力がついた失敗作の灰

このようにループ調合を利用すれば、 強い特性である合成特性も割と楽に発現させることができます。

スポンサーリンク